盗聴器発見調査は探偵事務所が対応してくれます

多くの探偵事務所では盗聴器発見調査も受け付けています。

「有名人でもお金持ちでもないから大丈夫!」と思っている方も大勢いますが、普通の一般人でも盗聴器や盗撮器を仕掛けられることがあります。

盗聴器や盗撮器の販売台数は年間に20万個以上という売上データがあります。

実際に秋葉原などの電気店で簡単に購入することができます。

狙われるのも有名人やお金持ちだけでなく、一般の方々もターゲットにされています。

盗聴器

女性の一人暮らしは要注意

特に気を付けなければいけないのが女性の一人暮らしですね。

男性と交際している場合はその男性から盗聴器を仕掛けられることもあります。彼氏が盗聴器を仕掛ける理由としては自分の彼女が浮気をしていないかどうかを調べるためです。

その他には元彼からも盗聴器を仕掛けられるケースがあります。彼女と別れたけれど、まだ未練があって彼女の行動を把握したい衝動に駆られて設置することがあります。

彼女の合い鍵を持っていたことがある場合は同じ鍵を勝手に作成して、彼女が居ない間に侵入して設置することができます。

盗聴器が仕掛けられているケース

誰かに見られているような気がする場合や自分しか知らない情報を他の第三者が知っていたようなことがあれば、あなたの自宅に盗聴器や盗撮器が仕掛けられている恐れがあります。

その他には引っ越しをしてきた際に前と同じ照明器具を使用している場合や、以前の契約と同様の鍵を使用している場合も気を付けましょう。

盗聴器の被害に遭わないようにするためには、何よりも盗聴器を仕掛けられないようにすることが大切です。

まずは部外者が自宅に入ることを防ぐようにしましょう。外出する際はしっかりと施錠をして防犯をしっかりすることです。

また、親しくない方からのプレゼントに注意をしましょう、送られたプレゼントの中に盗聴器が隠されているケースも報告されています。

例えばぬいぐるみなどは盗聴器を隠しやすいので、もし誰かから誕生日プレゼントなどでぬいぐるみを貰った時は少し注意をしてください。

特に盗聴器が仕掛けられやすいのが引っ越しをする際です。引っ越しをすると、引っ越し業者や電気・ガス・水道の業者などが頻繁に家を出入りすることになります。

また、費用を抑えるために引っ越し業者に頼まずに友人や知人に頼むことがありますが、その場合も信頼できる方のみに協力して貰いましょう。

参考記事:盗聴器や盗撮器の疑いがあるなら探偵事務所に調査を依頼しよう

盗聴器の種類

盗聴器はさまざまなタイプのものが登場しています。

一つ目が盗聴発信器タイプです。周囲の音声を拾って電波で発信する送信機となっています。

コンセント型や電池型があります。電池型には計算機などに偽造されている物もあるので注意をしてください。

二つ目が受信機タイプです。盗聴器専用の高音質受信機や幅広い電波を受信できる広帯域レシーバーがあります。

自分で盗聴器を調べよう

ここで自分自身で調べられる方法を簡単に紹介しておきます。

それはFMラジオを活用する方法です。盗聴器の電波はFMラジオの周波数帯を利用していることが多いので、自宅にあるラジカセでFMラジオを流して下さい。

低い周波数から徐々に周波数を上げていき、ラジオから聞こえてくる音声に耳を傾けて下さい。

例えば近くのコンセント付近にラジカセを持っていった際に部屋で流れているテレビの音声が聞こえてきたら、盗聴器が設置されている証拠です。

勝手に盗聴器を外してはいけません

実は盗聴器が自宅に設置されていたとしても勝手に除去することは法律で禁止されているのです。

盗聴器の取り外しには国家資格が必要で、勝手排除する行為は電気通信事業法に抵触してしまうのです。

例えば電気回線と一緒に仕掛けられている場合は電話回線などをショートさせてしまう恐れがあります。

仮に電話回線をショートさせてしまった場合は契約しているNTTから賠償を請求されることがあります。

そのため、盗聴器が見つかった場合は警察や専門家に依頼するようにしてください。ここで言う専門家とは第二種電気工事士の資格を取得している方のことです。

また、電話に盗聴器が設置されている場合はアナログ第三種工事担任者の資格を取得している方にお願いしなければいけません。

盗聴器・盗撮器は自分では見つけられない

盗聴器や盗撮器が仕掛けられているかどうかを自分で調べようとする方もいますが、発見するのは非常に難しいです。

一昔前までの盗聴器や盗撮器ならサイズが大きいので自分で見つけることも可能ですが、最近の盗聴器や盗撮器はサイズが非常にコンパクトになっています。

コンセントの中や照明器具の中に隠して設置することもできるので、素人ではなかなか見つけ出すのは難しいです。

探偵事務所に調査を依頼しよう

そこで頼りになるのが探偵です。探偵事務所では盗聴器・盗撮器を発見するために専用機器を用意しています。

探偵事務所に調査を依頼する際は自宅から電話をしないようにして下さい。

電話の内容を盗聴している相手に知られてしまう可能性があるためです。できれば外出して自宅から離れたところから依頼の電話をするようにしましょう。

盗聴器が発見されたら・・・

探偵に調査を依頼して万が一盗聴器・盗撮器が見つかったらどうすればよいのでしょうか?

やはり警察に届け出ることが最適です。あなたの自宅から盗聴器や盗撮器が発見されれば警察が動いてくれます。

後は警察が捜査をしてくれるので、捜査結果が出るまで今までと同じように過ごしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です